外壁塗装を依頼した経験

コストパフォーマンス的にはシリコン系かラジアル系

コストパフォーマンス的にはシリコン系かラジアル系が、やはり選択肢としては間違いありません。
工事を依頼してから予定通りにスケジュールは進み、まずは足場を組むところから始まりました。
専門の業者がやって来て手際よく半日で家の周囲を鉄骨で覆い、それから外部に洗浄水やペンキが飛ばないようにカバーをかけてくれたのです。
見慣れた我が家がカバーで覆われて、すこし不思議な気分になります。
この足場を組む前の段階で、家の周囲にある邪魔なものは物置に入れたり室内に移動させておくのです。
その家の住民が出来ることはやるので、工事に入る前には1週間から半月程度の期間があることが望ましい結果になります。
工事中に邪魔になる物置などは、とても素人では動かせないので、業者に見積もり時に話をしておき必要に応じて動かすことになるのです。
足場を設置する時には、家の外壁にボルトを打ち込みますが、足場を撤去する際に補修をしてもらえます。
自宅では普段家族の全員が外出してしまうこともあり、職人さんたちへのお茶出しなどは出来ないと事前に断りを入れておきました。
お茶出しは10時と15時などにお茶や、スポーツ飲料を差し出しするおもてなしになります。
もちろん強制ではないですし、お茶出しをしなくても一向に構わないと営業の人が言っていたので安心しました。

予算と見積もりに応じてプランを決定するコストパフォーマンス的にはシリコン系かラジアル系無料で剥がれた部分を塗り直しをしてくれました

ペンタくんの外壁塗装 : 外壁塗装もDIYでできる!