外壁塗装を依頼した経験

予算と見積もりに応じてプランを決定する

外壁塗装を頼む時には、予算と見積もりに応じてプランを決定することになります。
基本的には足場を組んで塗装面を洗浄したり、場合によっては修理を行って営繕をしてから塗りに入るようになることです。
屋根と外壁塗装を別々に依頼することも出来ますし、折角ならば一緒に行うことを選択するユーザーもおります。
塗装会社の営業に聞いたところ屋根と外壁を一緒にメンテナンスする方が費用が割安になりますが、塗装面積が大きくなるので総額の費用は大きくなるとのことでした。
そして選択する塗料が総費用には大きく関係しており、通常のウレタン系ではなく最新のフッ素系などを材料とすると総額は倍近くなるとのことです。
現在はウレタン系よりも耐用年数が高く耐久性に優れるシリコン系か、ラジアル系と言われる塗料が主流になりつつあるとのことでした。
我が家もそのラジアル系を選択して見積もりをしてもらい、契約を結んで工事に入りました。
耐用年数は10年から15年程度の幅だそうですが、実際にはそれよりも短くなる傾向があるとのことです。
他にも塗装で高価なフッ素系は耐用年数が倍近くあるとのことですが、工事の総額も2倍近く高額になります。
逆に塗装を行わずに家の周囲をパネルで囲む方式もあり、耐用年数は高いもののやはり金額的には高額になるとのことです。

予算と見積もりに応じてプランを決定するコストパフォーマンス的にはシリコン系かラジアル系無料で剥がれた部分を塗り直しをしてくれました